【商品情報】 ピックアップアイテム 暮らしにおすすめしたい津軽びいどろ

津軽びいどろ×京屋染物店津軽びいどろMATSURI・HANABI
てぬぐいセット

涼やかなガラスと粋な文様の染物
日本の祭りの高揚感を届けたい

青森のねぶた祭りをはじめ、東北の夏祭りは短い夏を惜しむかのように熱気にあふれています。そんな祭りの高揚感を表現した津軽びいどろのMATSURIとHANABIに、「京屋染物店」の手染めてぬぐいをあわせたギフトセットが登場しました。「京屋染物店」は岩手県で100年続く老舗。デザインから染色、縫製までを一貫して行う、全国でも珍しい染め工場で、その染物は独自の手染め技術により色褪せしにくく、職人の手仕事が光る逸品です。

人と人を結ぶ「絆」への
想いを込めてギフトに

今回のコラボレーションのために特別にデザインされた2種類のてぬぐいには、花火や三つ巴といった図柄の他、どちらにも吉原繋ぎという文様が使われています。四角い鎖の意匠が規則的につながる吉原繋ぎは昔から法被などに用いられてきた文様で、祭りのイメージにぴったり。さらに、鎖のようにしっかりとした縁、人と人を結ぶ絆が生まれるようにとの想いを込めました。どこか温もりのあるハンドメイドガラスと粋な手染めのてぬぐいを、大切な方への贈り物にしてはいかがでしょうか。

きらきらと輝き、
夏らしい涼感あふれる演出が

津軽びいどろMATSURIとHANABIは、祭りの躍動感や高揚感、花火の一瞬の煌めきを多彩な色ガラスで表現し、口元に華やかな金箔を散りばめました。きらきらと輝く様子は涼やかで、夏のひとときを印象的に演出してくれます。ビアグラスは、少し小ぶりで女性の手にもなじみやすいサイズ。ビールやジュースを注ぐと、口元の金箔が一層煌めいて、リラックスタイムを盛り上げるようです。蕎麦猪口は冷茶や炭酸水などの飲み物の他、冷たいスイーツやカットフルーツを盛り付けても色鮮やかに映え、目を楽しませることでしょう。

テーブルにてぬぐいを添えて、
夏の気分を盛り上げて

暑い夏の日、お客様をお迎えするときには、冷たいドリンクと共にてぬぐいをお手拭きとして添えて粋なおもてなしを。見た目にも爽やかで喜ばれること間違いなしです。また、てぬぐいをテーブルセンター代わりに用いてアクセントにしても夏の気分が盛り上がります。もちろん、祭りの際には、ぜひ首からかけたり頭に巻いたりしてお出かけください。

京屋染物店

京屋染物店は、岩手県南の城下町「一関(いちのせき)」で100年続く染物店。
「感動できるものづくり」にこだわり伝統的な染物から、最新の技術を取り入れた染物等、多岐に渡って取り組んでいます。デザインから染め、縫製までを一貫して行える京屋染物店では、祭りの半纏(はんてん)や浴衣、てぬぐいを始めとして様々な染物のオーダーメイドを行っており、染物を通じて日本文化の継承と、新たな可能性の創出に貢献できる染物屋を目指しています。

株式会社 京屋染物店 https://kyo-ya.net/