【商品情報】 ピックアップアイテム 暮らしにおすすめしたい津軽びいどろ

あおもりの海 盃セット

“CHANGE FOR THE BLUE”青森の海をもっと綺麗に、
という想いを込めた盃セット

三方を海に囲まれた青森県は、海の幸に恵まれ、四季折々の美しい海の景観も生活の一部になっている土地柄です。津軽びいどろでは、この豊かな海を次の世代にも残す大切な財産として、青森の海を守る活動を推進するプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE in青森県」に賛同し、今回そのコラボレーション商品として「あおもりの海 盃セット」が誕生しました。
海に囲まれた青森県では、海流の影響や地理的な特性から、多くの「ごみ」が漂着してしまっています。海洋ごみを減らしていき、”未来の青森の海をもっと綺麗に”という想いを込めた盃を通じて、海の未来を変えることに挑戦していきます。

青森県ならでの海、
自然が織り成すその魅力

本州最北端に位置する青森県は東に太平洋、西に日本海、北に津軽海峡、中央にホタテなどの養殖が盛んな陸奥湾と4つの海に囲まれています。その長い複雑な海岸線により気候変動の少ない海洋性気候である一方で、海流は太平洋の寒流、日本海・津軽海峡の暖流、また陸地は奥羽山脈などによって日本海側の冬季は豪雪に、太平洋側の夏季はヤマセと県内でも場所によって大きく気候が異なります。そんな地理的条件もあって青森県の海は、地域によって色合いや特徴にも違いが出るのかもしれません。

青森の4つの海の豊かな
色合いを表現した盃セット

津軽びいどろには青系の色ガラスが10色もあり、その青色を駆使して青森の4つの海の色を表現しました。「盃 太平洋」は、雄大な太平洋に反射した空色をイメージしたスカイブルーを2色掛け合わせました。「盃 日本海」は、自然が織り成す波と風を明るい青色のコバルトブルーで表現。日本海から太平洋へ潮が流れる津軽海峡は、世界でも有数な潮流の速い海です。その影響もあって緑がかって見える海をトルコブルーで「盃 津軽海峡」としました。「盃 陸奥湾」では、山や森に囲まれ良質なプランクトンが流れ込む陸奥湾を深みのあるインディゴブルーで表現。どの盃にも散りばめられている華やかな金箔は、晴れた日の海の煌めきを感じさせます。

パッケージにも海を表現。
豊かな海を未来に残したいという願い

パッケージは、綺麗な海にもぐって海面を見上げたときのイメージを水彩画のようなタッチで表現しています。単純な青のグラデーションではなく、少し緑みのある青や淡い水色、コバルトブルーなど、パッケージでも色々な青を掛け合わせました。
「あおもりの海 盃セット」は、お酒を注ぐと色ガラスの青色がふわっと浮き上がるように感じられ、海が好きな方への贈り物にも最適です。お酒と共に美味しい海の幸を味わい、家族や友人と海の思い出を楽しく語り合うことで、この盃が豊かな海を未来に残ためのきっかけ作りとなることを願っています。

「CHANGE FOR THE BLUE in 青森県」のコラボパッケージには、綺麗な海を守る為に一人ひとりができることが記載されたメッセージカードが入っています。

  • あおもりの海 盃セット

※「あおもりの海 盃セット」の収益の一部は、綺麗な海を守る取り組みをする団体に寄付し、その活動に役立てられます。

海と日本プロジェクト in 青森県 https://aomori.uminohi.jp/

本州最北端の青森県は東は太平洋、西は日本海、北は津軽海峡の三方を海で囲まれ、野生のイルカが集う内湾のむつ湾や地形が作る断崖絶壁など、海の絶景の宝庫です。
また、津軽暖流、親潮、黒潮がぶつかり合うことから、マグロ・ヒラメをはじめとした多くの魚獲にも恵まれています。
「海と日本プロジェクトin青森県」ではそんな青森県の海の大切さ、魅力を伝えることで海と共生できるムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

CHANGE FOR THE BLUE https://uminohi.jp/umigomi/

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、“これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。