【商品情報】 ピックアップアイテム 暮らしにおすすめしたい津軽びいどろ

盃コレクション

色やかたちがさまざまなガラスの盃で
日本酒をより深く味わう。

淡い桜色から春を感じるもの、白い色ガラスの粒から雪を連想するものなど、日本の美しい四季の風景を表現した『盃コレクション』。季節に合わせて色柄を選ぶと季節感のあるテーブルコーディネートが完成します。またホームパーティーでは、ゲストの方に好みのものを選んでもらうと会話が盛り上がるなど、盃を通じて楽しいひとときが広がっていきます。

酒器でひと手間かけて、家庭でお店の雰囲気を。

片口を使うことでお店のように小洒落た雰囲気を演出できます。さらに片口だと、お酒が空気に触れる面が大きくなることで、ボトルから注ぐのとはまた違った、まろやかな味わいを楽しめます。女性同士の集まりはもちろん、男性にも手にとりやすい色・柄が揃っているところも魅力のひとつです。SNSにアップしたくなるとっておきの1枚が撮れそうです。

日本酒×洋食で、和洋折衷を味わう。

最近は日本酒の美味しさが再発見され、日本酒で洋食をいただくなど、和×洋の組み合わせを愉しむ機会が増えています。例えば、ぶどうやパンなど、いつもはワインと合わせるおつまみをあえて日本酒と。飲み口が広がっているものは香りが立ちやすく、真っ直ぐなものはすっきり飲みやすさを感じるなど、盃の形状によっても味わいの変化が楽しめます。お酒の愉しみ方や料理に合わせて、お好みの盃を探してみてくださいね。

一品料理をいれる器として。

盃として使うだけではなく、一品料理をいれる器としても活躍してくれます。何種類かの一品料理を盃によそい、ずらっと並べるだけでも豪華な印象に。色とりどりのガラスの器と料理の色合いがテーブルを明るく、華やかにしてくれます。また、一口分くらいの量を盛り付けて出してみるのも味わいがあって素敵です。

移り変わるガラスの盃の表情を愉しむ。

手仕事でつくられた『盃コレクション』のぬくもりある美しさは、時間やシーンによってその表情を変えていきます。例えば、陽の光が差し込むお昼の時間では色ガラスや金彩がきらりと反射して、明るくなごやかなひとときを彩ってくれます。一方、夜は盃の淡い影がやさしい空気を醸し出します。小さなガラスの佇まいがその時どきで織りなす雰囲気をお愉しみください。

選ぶ時間もわくわくする豊富な種類。

『盃コレクション』は、色やかたちのバリエーションが豊富なので、お酒の銘柄や季節のシーンに合わせてぴったりのものを選んだり、盃と日本酒をセットにして特別な日に贈ることもおすすめです。津軽びいどろの『盃コレクション』は素敵な時間を過ごしてもらえるよう、一つひとつの色柄に意味を込めてデザインし、全て職人の手仕事でつくっています。じっと見てみると、形や色の風合いから職人の感性や人柄が伝わってくるようです。いろんな盃と出逢い、それぞれの個性を感じながらお使いください。

  • 盃 桜流し
  • 盃 波の音
  • 盃 夏の器
  • 盃 海霧
  • 盃 あじさい
  • 盃 みずばしょう
  • 盃 はるがすみ
  • 盃 わたゆき
  • 盃 夜風
  • 盃 春風
  • 盃 秋の野
  • 盃 夕霧
  • 片口 桜流し
  • 片口 あじさい
  • 片口 夜風