【商品情報】 ピックアップアイテム 暮らしにおすすめしたい津軽びいどろ

枡酒杯

日本酒ファンにはお馴染みのこぼし酒が楽しめる酒器
お猪口とはまた違った風情を感じる「枡酒杯」。

日本各地の蔵元で作られる特色のある日本酒を購入できる機会も増えています。「大吟醸」や「純米吟醸」などの種類や銘柄もぐっと幅が広がり、自宅で地方の美味しい日本酒をいただくことも、いまではすっかりお馴染みです。
『津軽びいどろ』でも、酒器はとくに人気の高いアイテムです。なかでも「枡酒杯」は、檜の枡とセットになったグラスに溢れるほど注ぐ飲み方が魅力で、日本酒ファンには必見のこだわりの酒器です。

「もっきり」で檜の薫りを日本酒にまとわせる

日本酒を枡に溢れるまでなみなみと注ぐスタイルのことを「もっきり(盛りきり)」といいます。これは、1杯でも心ゆくまで味わってほしい、というおもてなしの心意気を表現しているのだそうです。いただくときはグラスと枡、どちらからでも良いのですが、枡を後にとっておくと、檜の薫りをほんのりと含んだ樽酒のような味わいが楽しめます。同じ日本酒でも、器によって風味が変わるというのも「枡酒杯」の醍醐味のひとつです。

楽しみ方が広がる日本酒のアレンジ

夏に楽しみたい“みぞれ酒”や人気上昇中の“スパークリング日本酒”も、「枡酒杯」ならお猪口タイプとは違った華やかな風情になります。少しずつ溶けていく“みぞれ酒”の変化をゆっくりと味わったり、立ち上るキラキラとした泡が楽しめるのは、スリムな形状の「枡酒杯」ならでは。また、果汁などで割った日本酒カクテルもオススメです。果汁の甘酸っぱさがよく合って飲みやすく、ひと味違った美味しさをお愉しみいただけます。

日本酒の風情を引き立てる、ガラス職人の手仕事

「枡酒杯」は留め吹きという技法で、職人が一つひとつ吹きあげたハンドメイドの酒器です。ガラスを金型に吹き込むことで生まれる氷のような風合いが、冷酒をきりっと引き立てます。さらに「朧月夜シリーズ」は、それぞれの名前にちなんで金箔の入れ方にも工夫を凝らしていて、「星」は流れ星のように金箔を流し、「空」は星が散りばめられた夜空を、「海」は星空を映しこんだ夜の海をデザイン。「花凛シリーズ」は花が咲いたような可愛らしい飲み口が、日本酒を華やかに香らせます。

肴の器としても活躍してくれる、縁起物の木枡

酒器のデザインや、酒器につけられた名前も含めて、日本ならではの情緒あふれる嗜みが味わえるのも日本酒の魅力の一つです。また、そこに欠かせないのは“肴”の存在。「枡酒杯」の枡はちょっとしたおつまみ入れでも活躍します。木は染み込みやすいため、乾き物がオススメです。また、縁起物でもある枡は、大切なハレの日などのお祝い事にも欠かせません。『津軽びいどろ』の「枡酒杯」の枡はもちろん日本製。全国の「木枡」の8割をつくる岐阜県大垣市の枡を使っています。

  • 花凛 山桜
  • 花凛 萌黄
  • 花凛 茜
  • 朧月夜 星
  • 朧月夜 空
  • 朧月夜 海