【商品情報】 ピックアップアイテム ~ 暮らしにおすすめしたい津軽びいどろ ~

12色のグラス

色鉛筆で線を重ねていくように
日本の色彩を繊細に描き出したグラス。

日本の風景や美しい自然を表現した『12色のグラス』。じっと見つめてみると、まるで色鉛筆で風景を描くときのように、さまざまな色の線をいくつも重ねているのがわかります。ちいさな色ガラスの粒を溶かしてつくるこの線は、熟練した職人の手仕事だからこそできるもの。色ガラスが織りなす、やわらかで透明感のある風合いが人気です。

12色でテーブルを彩る。

赤や青といった単色ではなくて、自然をモチーフにした色あわせがこのグラスの魅力です。それぞれ、菜の花、翡翠、珊瑚…と名付けられたグラスたちは、日本らしい繊細な色彩のニュアンスでテーブルを彩ります。並べるだけでもかわいらしく、色違いで集めたくなりますね。水を注ぐとグラスが一層きらきらと輝いて、テーブルに映る影までとてもきれいです。

お酒を楽しむ夜の時間にも。

キャンドルや間接照明の灯りのなかでは、しっとりと落ち着いて大人っぽい印象に。グラスの色にお酒の色が透けると、まるでカクテルのようにも見えます。たとえばウイスキーに「紅」を組み合わせると、あたたかみのある一杯へと変身します。グラスとお酒の色合わせを楽しみながら、オリジナルのカラーカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

フラワーベースとして飾る。

最近は、グリーンを取り入れたインテリアが流行中です。コップや身近な容器を使った気軽なスタイルがスタンダードで、いくつか並べて飾れば、それだけで空間が華やかになります。自然の色をモチーフにした『12色のグラス』と、お花やグリーンは相性ぴったり。お部屋のインテリアに合わせて、色をコーディネートできるところもポイントです。

わたしの色と、あなたの色と。

器は食卓を彩る大切な要素です。だから、季節の景色や旬の食材にあわせて色を選べるように、あるいは家族や友人と、それぞれが好きな色で「マイグラス」を選べるように、『津軽びいどろ』はたくさんのカラーを展開しています。『12色のグラス』は、その代名詞ともいえる商品。色を見て、過ごした季節や大切な人を思い浮かべられるように、これだ!という色を見つけて使っていただけたら嬉しいです。

  • 珊瑚
  • 山吹
  • 菜の花
  • 萌黄
  • 翡翠
  • 露草
  • 紺青
  • 白練

商品情報